無気力症候群とは、意欲や自発性が低下したり、感情の起伏が乏しくなったり、周囲に無関心になったりするような状態

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

無気力症候群とは、意欲や自発性が低下したり、感情の起伏が乏しくなったり、周囲に無関心になったりするような状態を指します。

具体的には、以下の症状が見られます。

  • やる気が起きない
  • 感情の起伏が乏しくなる
  • 自発性が低下する
  • 自分以外のことに無関心になる
  • ネガティブ思考になる
  • 頭痛が起きる
  • 腹痛が起きる
  • 体がだるくなる

無気力症候群は、うつ病や統合失調症などの精神疾患の症状として現れることもあります。また、ストレスや疲労、睡眠不足などの生活習慣の乱れによっても起こる可能性があります。

無気力症候群の原因は、まだ完全には解明されていませんが、以下の要因が関与していると考えられています。

  • 脳内の神経伝達物質のバランスの乱れ
  • ストレスや疲労などの精神的・身体的ストレス
  • 睡眠不足や栄養不足などの生活習慣の乱れ
  • 薬の副作用
  • 脳や神経の病気

無気力症候群の治療は、原因によって異なります。

  • 精神疾患が原因の場合は、抗うつ薬や抗精神病薬などの薬物療法や、認知行動療法などの心理療法が行われます。
  • ストレスや疲労などの精神的・身体的ストレスが原因の場合は、休息や生活習慣の改善によって症状が改善することがあります。
  • 睡眠不足や栄養不足などの生活習慣の乱れが原因の場合は、睡眠や栄養を改善することで症状が改善することがあります。
  • 薬の副作用が原因の場合は、薬の量を減らしたり、別の薬に変更したりすることで症状が改善することがあります。
  • 脳や神経の病気が原因の場合は、病気に対する治療によって症状が改善することがあります。

無気力症候群は、放置すると仕事や学業、人間関係などに支障をきたす可能性があります。早期に原因を特定して適切な治療を受けることが大切です。

参考URL:
無気力症候群 | e-ヘルスネット(厚生労働省)