愛されたい症候群とは、誰かに愛されたい気持ちが強すぎる状態のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

愛されたい症候群とは、誰かに愛されたい気持ちが強すぎる状態のことを指します。

愛されたい気持ちは誰もが持っている感情ですが、愛されたい症候群の人は、その気持ちが過剰で、自分を愛してくれる人を常に探し求めています。

愛されたい症候群の人は、以下ののような特徴があります。

  • 恋人や親などの大切な人から、常に愛情や承認を求める
  • 愛情を得られなければ、不安や焦燥感を感じ、落ち込みやすい
  • 自分を愛してくれる人を探し求め、依存しやすく、恋愛関係が短命になりやすい

愛されたい症候群の原因は、さまざまに考えられます。

  • 幼少期の家庭環境や親子関係
  • 自己肯定感の低さや承認欲求の強さ
  • 愛情不足や孤独感

愛されたい症候群は、本人にとっても周囲の人々にとっても、大きな負担となる可能性があります。

本人は、愛情を求めるあまり、相手に依存したり、自分を犠牲にしたりしてしまい、ストレスや不安を抱え込みやすくなります。また、恋愛関係がうまくいかず、失恋の痛みを味わうことも多くなります。

また、周囲の人々は、本人の行動に振り回されたり、理解に苦しんだりしてしまうことがあります。

愛されたい症候群を克服するためには、本人が自らの行動を客観的に見つめ、その原因を理解することが大切です。

また、信頼できる人に相談したり、カウンセリングを受けたりすることで、自分の感情や考えを整理し、新たな生き方を模索していくことも必要です。

具体的な克服方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分の価値観や目標を明確にする
  • 自己肯定感を高める
  • 感情を表現する力を身につける
  • 自分の意見や考えを主張する力を身につける

愛されたい症候群は、決して克服できないものではありません。

本人の強い意志と、周囲の理解と協力があれば、克服することは可能です。

愛されたい症候群の予防としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 子どもの自主性を尊重する
  • 子どもの意見や考えに耳を傾ける
  • 子どもの感情を認め、肯定する

また、親自身が、子どもに過剰な期待をしないことも大切です。

愛されたい症候群は、子どもの成長過程で起こりうる一時的な現象です。しかし、放っておくと、大人になっても生きづらさを感じ続ける可能性があります。

もし、子どもが愛されたい症候群の傾向がある場合は、早めに対処することが大切です。

参考URL:
愛されたい症候群でつらい...愛されたい気持ちが強すぎる人の特徴や克服方法を解説します:婚活応援コラム- 結婚相談所・婚活ならオーネット

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5