「それって」が口癖の人の心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

「それって」は、相手の発言を承認したり、同意したり、あるいは疑問や反論をしたりするために使われる言葉です。そのため、この言葉が口癖になっている人の心理は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  1. 相手の発言を承認したり、同意したりしたい

「それって」は、相手の発言を承認したり、同意したりするときによく使われます。そのため、「それって」が口癖になっている人は、相手の話をよく聞いていて、相手の意見を尊重したい気持ちを持っていると言えます。

  1. 相手の発言を疑問や反論したい

「それって」は、相手の発言を疑問や反論するときにも使われます。そのため、「それって」が口癖になっている人は、自分の考えを主張したい気持ちが強いと言えます。また、相手に自分の考えを理解してもらいたい、あるいは相手に考えを改めてもらいたい気持ちを持っている可能性もあります。

  1. コミュニケーションの潤滑油として使いたい

「それって」は、単に会話の流れをつなぐために使われる場合もあります。そのため、「それって」が口癖になっている人は、コミュニケーションを円滑に進めたい気持ちを持っていると言えます。また、相手の反応を見ながら、自分の発言を調整したい気持ちを持っている可能性もあります。

具体的な例としては、以下のようなケースが挙げられます。

相手の発言を承認したり、同意したりするケース

  • 「それって、すごくいい考えだね」
  • 「それって、まさに僕が言いたいことなんだ」

相手の発言を疑問や反論するケース

  • 「それって、本当なの?」
  • 「それって、どういう意味?」

コミュニケーションの潤滑油として使うケース

  • 「それって、どう思う?」
  • 「それって、どういうこと?」

もちろん、口癖はあくまでもその人のコミュニケーションの癖のひとつです。必ずしも上記の心理状態が当てはまるとは限りません。しかし、相手の発言をよく聞いて、適切なタイミングで「それって」を使うことで、より円滑なコミュニケーションを図ることができるでしょう。

参考URL:
「なんだろう」が口癖の人の心理や性格とは

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5