選好の逆転とは、人の思考や好みが状況や文脈によって左右されることをいう。具体的には、選択肢が提示された状況や順番などによって、どの選択肢を選択するかが変化してしまう現象

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

選好の逆転とは、人の思考や好みが状況や文脈によって左右されることをいう。具体的には、選択肢が提示された状況や順番などによって、どの選択肢を選択するかが変化してしまう現象を指す。

選好の逆転は、さまざまなパターンで現れる。たとえば、以下のようなものが挙げられる。

同時提示と別々の提示

AとBの選択肢を同時に提示した場合と、AとBを別々に提示した場合で、選好の結果が変わってくる。たとえば、AとBのどちらかを選ぶように求められた場合、同時に提示した場合はAを選ぶ人が多いが、別々に提示した場合はBを選ぶ人が多いという結果が出ている。

選択肢の比較基準

AとBの選択肢を比較する場合、AとBのどちらを基準に比較するかによって、選好の結果が変わってくる。たとえば、AとBのどちらが「より良い」かを選ぶように求められた場合、Aを基準に比較した場合はAを選ぶ人が多いが、Bを基準に比較した場合はBを選ぶ人が多いという結果が出ている。

選択肢の付随情報

AとBの選択肢に付随する情報によって、選好の結果が変わってくる。たとえば、AとBのどちらが「より高価」かを選ぶように求められた場合、Aに付随する「限定品」という情報が追加された場合、Aを選ぶ人が増えるという結果が出ている。

選好の逆転は、意思決定において重要な問題である。なぜなら、選好の逆転によって、私たちは自分の本当の好みや価値観を把握できなくなってしまう可能性があるためである。

選好の逆転を防ぐためには、以下の点に注意することが重要である。

複数の選択肢を同時に提示する

複数の選択肢を同時に提示することで、各選択肢を比較しやすくなり、選好の逆転を防ぐことができる。

選択肢の比較基準を明確にする

選択肢を比較する際には、明確な比較基準を設けることで、選好の逆転を防ぐことができる。

選択肢の付随情報に注意する

選択肢に付随する情報は、選好の結果に影響を与える可能性があるため、注意して判断する必要がある。

選好の逆転は、私たちの意思決定を歪ませる可能性がある心理現象である。しかし、そのことを理解し、適切に対処することで、より合理的な意思決定を行うことができるようになる。

参考URL:
その比較で決定していい? -選好逆転 | GLOBIS 知見録×学び放題

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5