クォーターライフ・クライシス

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

クォーターライフ・クライシスとは?

クォーターライフ・クライシス(Quarter-Life Crisis)は、20代前半から30代前半の若者が直面するとされる心理的な課題や葛藤の状態を指す言葉です。この概念は、1980年代に社会学者エリオット・ジェイコブス(Elliot Jacques)によって提唱されました。

クォーターライフ・クライシスは、若者が大人になり、自己アイデンティティや目標設定、人生の方向性について真剣に向き合う時期に生じるとされています。一般的には、学校や大学を卒業し、社会や職業世界での新たな責任やプレッシャーに直面する頃に現れることが多いです。

以下に、クォーターライフ・クライシスの特徴や影響についていくつか説明します:

自己アイデンティティの模索: 若者は自分自身や自分の役割について考え、自己アイデンティティを見つけようとする時期です。社会的な期待や家族の期待、自身の夢や目標とのギャップに苦悩することがあります。

職業的な迷いと不安: 就職やキャリアの選択において迷いや不安を感じることがあります。自分の適性や情熱に合った職業を見つけることや、将来のキャリアパスについて不確実さを感じることが一般的です。

対人関係の変化: 学校や大学での友人関係や社会的なネットワークが変化することによって、対人関係の調整が必要になります。新たな友人やパートナーとの関係構築や、既存の関係の変化に戸惑うことがあります。

成人としての責任の増加: 経済的な自立や生活の自己管理など、成人としての責任が増えることにより、プレッシャーやストレスを感じることがあります。これに伴って、自己評価や自信の低下、孤独感なども現れることがあります。

クォーターライフ・クライシスは、一人ひとりによって経験や表現の仕方が異なるため、必ずしもすべての若者が同じような経験をするわけではありません。しかし、これらの課題や葛藤を抱える若者が多いとされています。

クォーターライフ・クライシスに直面する場合、以下のようなアプローチが役立つことがあります:

自己探求: 自分自身や自分の価値観、興味・関心を理解するために、自己探求の時間を持つことが重要です。自分自身の目標や情熱に基づいて行動することが、自己アイデンティティの形成に役立ちます。

目標設定と計画立て: クォーターライフ・クライシスは、人生の方向性やキャリアに関して迷いや不安を抱く時期です。具体的な目標を設定し、それに向かって計画を立てることが重要です。

サポートを求める: 誰もが一人ではすべての課題を解決することは難しいものです。信頼できる友人や家族と話し合ったり、メンターの助言を求めたりすることで、より多角的な視点やサポートを得ることができます。

自己ケアとバランス: ストレスやプレッシャーを抱える時期であるため、自己ケアやバランスの取れた生活を心掛けることが重要です。十分な睡眠や休息、健康的な食事、適度な運動、ストレス解消の活動などを取り入れることが有効です。

クォーターライフ・クライシスは、成長や自己発見の機会でもあります。その過程で自身の価値観や目標を見つけ、より充実した人生を築くことができるかもしれません。

https://www.profuture.co.jp/mk/recruit/management/39512