ぐずぐず主義克服シート

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ぐずぐず主義克服シートは、認知行動療法(CBT)の技法を用いた先延ばし克服のツールです。

シートには、以下の項目が記載されています。

日時
仕事・作業・やること
内容の細分化
予想される困難度(0~100)
予想される満足度(0~100)
実際の困難度(0~100)
実際の満足度(0~100)
このシートを用いて、以下のような手順で先延ばしを克服していきます。

先延ばしをしたい仕事を、小さな作業に分解します。
各作業の困難度と満足度を、100点満点で評価します。
困難度が高い作業から、まずは1つだけを選び、実行します。
作業を終えた後は、実際の困難度と満足度を評価します。
この手順を繰り返すことで、先延ばしを克服するための具体的な方法を学ぶことができます。

具体的には、以下の効果が期待できます。

作業を小さな単位に分解することで、作業の全体像を把握しやすくなり、不安や緊張が軽減されます。
各作業の困難度と満足度を評価することで、自分の苦手な部分や、モチベーションを高める方法を把握しやすくなります。
困難度が高い作業から、まずは1つだけを選んで実行することで、小さな成功体験を積み重ねることができ、自信を高めることができます。
ぐずぐず主義克服シートは、誰でも簡単に利用することができます。ぜひ、先延ばしを克服するために活用してみてください。

https://scrapbox.io/marshmallow-rm/%E3%81%90%E3%81%9A%E3%81%90%E3%81%9A%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E5%85%8B%E6%9C%8D%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88