連合の原理とは、2つ以上の事物や概念が、時間的・空間的に近接したり、類似したり、対比したりすると、それらが関連づけられる心理現象

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

連合の原理とは、2つ以上の事物や概念が、時間的・空間的に近接したり、類似したり、対比したりすると、それらが関連づけられる心理現象です。

連合の原理は、古代ギリシャの哲学者アリストテレスが提唱した「類似」「対比」「時空的接近」の3つの原理に基づいています。

  • 類似:似ているものは、関連づけられやすい。
  • 対比:対照的なものは、関連づけられやすい。
  • 時空的接近:近接しているものは、関連づけられやすい。

連合の原理は、日常生活のさまざまな場面で見られ、以下のような例が挙げられます。

  • 赤いリンゴを見ると、甘い味が連想される。
  • 幸運の象徴である四葉のクローバーを見ると、幸運が連想される。
  • 同じ時間帯に同じテレビ番組を見た人同士は、親近感が湧きやすい。

連合の原理は、マーケティングや広告においても、効果的に活用されています。

例えば、商品やサービスのパッケージや広告に、好ましいイメージや印象を与える色やモチーフを組み合わせることで、商品やサービスの好感度を高めることができます。

また、商品やサービスの特徴やメリットを、類似や対比の概念を用いて訴求することで、商品やサービスの価値を高めることができます。

連合の原理は、人間の心理に根ざした強力な効果を持つため、マーケティングや広告においては、有効に活用できる心理効果と言えるでしょう。

具体的な応用例としては、以下のようなようなものが挙げられます。

  • 商品のパッケージや広告に、好ましいイメージや印象を与える色やモチーフを組み合わせる
  • 商品やサービスの特徴やメリットを、類似や対比の概念を用いて訴求する
  • 商品やサービスの購入や利用を促すために、有名人やインフルエンサーを起用する

連合の原理を理解することで、マーケティングや広告の戦略立案やクリエイティブの制作において、より効果的な成果を上げることができるでしょう。

参考URL:
心理の法則 連合の原理 | コバヤシ マイ | AWRD

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5