サイコグラフィックスとは、性格、価値観、ライフスタイルなどの心理的属性の総称

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

サイコグラフィックスとは、性格、価値観、ライフスタイルなどの心理的属性の総称です。マーケティングでは、消費者をデモグラフィック(人口統計学的属性)とサイコグラフィックの2つの軸で分類するSTP分析において、サイコグラフィックは「なぜ」消費者が商品やサービスを購入するのかという心理的な要因を把握するための重要な指標として活用されます。

具体的には、サイコグラフィックは以下の要素で構成されます。

  • 性格:外向的・内向的、保守的・革新的、冒険的・保守的など
  • 価値観:家族重視・自己重視、物質主義・精神主義など
  • ライフスタイル:仕事中心・家庭中心、都会派・田舎派など

これらの要素は、消費者の購買行動に影響を与える重要な要因です。例えば、外向的な性格の人は、社交的で新しいことにも積極的に挑戦する傾向があるため、アウトドア用品やファッションなどの商品に興味を持つ可能性があります。また、家族重視の価値観を持つ人は、子育てや家族の生活を充実させるための商品やサービスに高い関心を持つ可能性があります。

サイコグラフィックを活用することで、企業はターゲット顧客の心理的な特徴を理解し、そのニーズや欲求に合った商品やサービスを開発・提供することができます。また、マーケティング施策においても、ターゲット顧客の心理的特徴を踏まえた訴求を行うことで、より効果的な成果を上げることが期待できます。

近年では、インターネットの普及により、消費者のデジタル行動データが容易に取得できるようになってきました。このデータは、消費者の興味や関心、価値観などの心理的属性を把握する上で有益な情報となります。そのため、サイコグラフィックの分析には、このようなデジタル行動データの活用がますます重要になってきています。

参考URL:
サイコグラフィックスとは? 意味や使い方 - コトバンク

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5