焦点化の原理とは、空白を埋めようとするときには、その問いを埋めようとすることのみに焦点が当たり、他のことに意識を向けることができなくなるという心理学的な原理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

焦点化の原理とは、空白を埋めようとするときには、その問いを埋めようとすることのみに焦点が当たり、他のことに意識を向けることができなくなるという心理学的な原理です。

具体的には、以下の2つの側面から説明することができます。

認知の歪み

空白を埋めようとするとき、人は自分の知識や経験に基づいて、その空白を埋める内容を推測します。しかし、その推測は必ずしも正確なものではありません。そのため、空白を埋めることによって、間違った認知の歪みが生じてしまうことがあります。

例えば、「どうして失敗したんだ?」という質問を投げかけると、相手の脳内では数々の失敗につながった出来事や自分のふるまいが思い出されます。その結果、失敗の原因は自分のせいだとばかりに、自己嫌悪に陥ってしまう可能性があります。

注意の偏向

空白を埋めようとするとき、人はその問いに関連する情報に注意が向きやすくなります。そのため、他のことに注意を向けることが難しくなります。

例えば、試験勉強をしているとき、テスト範囲に関係のないことに気が散りやすくなります。これは、試験範囲に関連する情報に注意が向きやすくなっているためです。

焦点化の原理は、日常生活のさまざまな場面で影響を与えています。例えば、以下のような場面が挙げられます。

  • 失敗の原因を探るとき
  • 将来の不安を考えるとき
  • 他人の評価を気にするとき

焦点化の原理を理解することで、自分の認知の歪みを正したり、注意をコントロールしたりすることができるようになり、より効果的な思考や行動をとることができるようになるでしょう。

焦点化の原理を利用するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 問題解決の効率化
  • モチベーションの向上
  • ストレスの軽減

一方で、デメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 間違った認知の歪みが生じる可能性がある
  • 注意が偏り、他のことに気が散りやすくなる

焦点化の原理を利用する際には、そのメリットとデメリットを理解した上で、適切に活用することが大切です。

参考URL:
焦点化の原則|HSP心理カウンセラー じゅんさん

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5