ファビングとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末に熱中するあまり、目の前の話し相手や周囲の人を無視すること

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ファビングとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末に熱中するあまり、目の前の話し相手や周囲の人を無視することです。

モバイル端末をいじりながら対面コミュニケーションをとることの有害性を示す言葉であり、2010年代半ばには洋の東西を問わずそのネガティブな作用が広く認識されるようになっていた。

ファビングには、以下の3つの特徴があります。

  • モバイル端末に意識が集中している
  • 目の前の話し相手や周囲の人に注意を払っていない
  • コミュニケーションが阻害されている

ファビングは、以下の3つの点で問題があるとされています。

  • 人間関係の悪化
  • 集中力の低下
  • ストレスの増加

人間関係の悪化については、ファビングをされた人は、自分を無視されていると感じ、疎外感や孤独感を感じやすくなります。また、ファビングをする人は、自分勝手で思いやりがないと思われ、信頼関係を築きづらくなります。

集中力の低下については、ファビングをしていると、目の前の話し相手や周囲のことに意識が向きにくくなり、集中力が低下します。また、ファビングを繰り返していると、常にモバイル端末に意識が向いてしまうようになり、注意散漫になりやすくなります。

ストレスの増加については、ファビングをすると、自分を無視されていると感じたり、周囲の人に気を遣ったりすることで、ストレスを感じやすくなります。また、ファビングを繰り返していると、常にモバイル端末に気を配ることで、ストレスが蓄積しやすくなります。

ファビングを防ぐためには、以下のことに気をつけましょう。

  • モバイル端末の使用時間を制限する
  • 会話中はモバイル端末を触らない
  • 周囲の人に気を配る

また、ファビングをしてしまった場合は、すぐに謝って、目の前の人とコミュニケーションをとるようにしましょう。

参考URL:
ファビング - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5