右上を見る心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

右上を見る心理は、主に以下の3つに分けられます。

  • 嘘をついている
    右脳は、想像力や創造性、直感などの処理を担当しています。そのため、嘘をついているときには、右脳が活発になり、右上を見ることが多いと考えられています。

  • 過去のことを思い出している
    左脳は、言語や論理、分析などの処理を担当しています。そのため、過去のことを思い出しているときには、左脳が活発になり、左上を見ることが多いと考えられています。しかし、右脳も記憶を処理する役割を持っているため、右上を見ることもあります。

  • 何かを創造している
    右脳は、視覚的なイメージや感情などの処理を担当しています。そのため、何かを創造しているときには、右上を見ることが多いと考えられています。

ただし、これらの心理は、必ずしも当てはまるわけではありません。人によって、視線の方向と心理的な状態の関連性は異なるため、注意が必要です。

また、右利きの人の場合、左利きの人とは逆の方向に視線が向くことがあります。そのため、相手の利き手を考慮することも大切です。

具体的な例としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 子どもに「今日、宿題したの?」と聞くと、子どもが右上を見る。これは、嘘をついている可能性が高い。
  • 友人に「あのとき、何を話したの?」と聞くと、友人が左上を見る。これは、過去のことを思い出している可能性が高い。
  • 画家に「新しい絵を描いてる?」と聞くと、画家が右上を見る。これは、何かを創造している可能性が高い。

このように、相手の視線の方向を観察することで、相手の心理的な状態をある程度推測することができます。ただし、あくまでも参考程度に考えるようにしましょう。

参考URL:
ウソついてるかも!目線でわかる相手の本音「8つ」 | TABI LABO

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5