アッシュの同調実験とは、1951年にアメリカの社会心理学者ソロモン・アッシュが行った、人間の同調行動を検証した実験

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

アッシュの同調実験とは、1951年にアメリカの社会心理学者ソロモン・アッシュが行った、人間の同調行動を検証した実験です。

実験では、真の被験者(被験者本人)のほかに、サクラ役の被験者を複数人用意しました。そして、真の被験者を前に、サクラ役の被験者たちが、明らかに間違った線の長さを指差すように指示しました。

その結果、真の被験者の37%が、サクラ役の被験者と同じように、明らかに間違った線の長さを指差すという結果が出ました。

この結果は、人間は、集団の圧力に屈して、自分の意見を曲げることがあることを示しています。

アッシュの同調実験は、社会心理学において最も有名な実験の一つであり、その後も多くの研究が行われています。

アッシュの同調実験の結果から、同調行動は、以下の要因によって影響を受けると考えられています。

  • 集団の人数:人数が多いほど、同調行動は起こりやすくなります。
  • 集団の一致:集団の意見が一致しているほど、同調行動は起こりやすくなります。
  • 個人の性格:自己主張の強い人は、同調行動を起こしにくい傾向があります。

アッシュの同調実験は、私たちの社会生活において、さまざまな影響を及ぼしています。

たとえば、集団の中では、自分の意見を主張せずに、多数派の意見に合わせてしまうことがあります。また、社会的圧力によって、人権侵害や差別などの行為に加担してしまうこともあるのです。

アッシュの同調実験を知ることで、私たちは、自分の意見を曲げずに、しっかりと自分の信念を貫くことができるようになります。

参考URL:
アッシュの同調実験 - STUDY HACKER(スタディーハッカー)|社会人の勉強法&英語学習

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5