マジカルナンバー7

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

マジカルナンバー7とは、人間の短期記憶で記憶できる情報の量が「7±2」であるという理論です。

短期記憶とは、数十秒しか記憶されず、また情報の容量の大きさにも限界がある記憶です。マジカルナンバー7によると、人間は一度に5〜9個の情報しか覚えていられないということになります。

マジカルナンバー7は、アメリカの認知心理学者であるジョージ・ミラーが1956年に提唱した理論です。ミラーは、さまざまな実験を通して、人間の短期記憶の容量が7±2であることが示唆される結果を得ました。

マジカルナンバー7は、さまざまな分野で応用されています。例えば、ユーザーインターフェースの設計や、マーケティング、教育などにおいて、ユーザーが一度に処理できる情報量を7±2個に抑えることが重要とされています。

例えば、ユーザーインターフェースの設計において、画面に表示するボタンの数や、メニューの項目数を7±2個に抑えることで、ユーザーが迷わずに操作することができます。また、マーケティングにおいて、広告やキャッチコピーは、7±2個の単語でまとめることで、ユーザーの記憶に残りやすくなります。教育においては、教材や授業内容を、7±2個の単位にまとめることで、理解しやすくなります。

マジカルナンバー7は、人間の認知能力の限界を示す理論ですが、それを理解することで、より効果的なコミュニケーションや情報伝達が可能になります。

https://makitani.net/shimauma/magical-number-seven-plus-or-minus-two