ボボ人形実験は、アメリカの心理学者アルバート・バンデューラによって1961年から1963年にかけて行われた一連の実験

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ボボ人形実験は、アメリカの心理学者アルバート・バンデューラによって1961年から1963年にかけて行われた一連の実験です。この実験では、子供たちが大人のモデルの攻撃的な行動を観察した結果、自分自身も攻撃的になる可能性があることを示しました。

実験では、子供たちを3つのグループに分けました。

  • 攻撃的モデルグループ:大人がボボ人形に怒鳴ったり、叩いたり、蹴ったり、投げつけたりしながら、攻撃的な言葉を発する様子を見せる。

  • 非攻撃的モデルグループ:大人がボボ人形と友好的に遊ぶ様子を見せる。

  • コントロールグループ:大人の行動を見せない。

その後、各グループの子供たちを別々の部屋に連れて行き、ボボ人形を自由に遊ばせました。

その結果、攻撃的モデルグループの子供たちは、ボボ人形を叩いたり、蹴ったり、投げつけたりすることが最も多く、非攻撃的モデルグループの子供たちは、ボボ人形に攻撃的な行動をとることが最も少なかったことがわかりました。コントロールグループの子供たちは、中間の結果を示しました。

この実験は、子供たちが周囲の環境から学び、模倣する能力があることを示しています。また、暴力的な行動は、子供たちの模倣によって学習される可能性があることも示しています。

この実験は、教育、親子関係、メディアの監視など、さまざまな分野で影響を与えました。この実験の結果に基づいて、暴力的なコンテンツに子供が触れるのを防ぐために、親や教育者がより注意を払うように促されました。

参考URL:
ボボ人形実験とは?バンデューラが行った実験内容・結果を簡単に解説 | やさびと心理学

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5