PM理論とは、リーダーシップ行動を「目標達成機能(Performance)」と「集団維持機能(Maintenance)」の2軸で分類し、それぞれの強弱によってリーダーシップ像を4つに分類する理論

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

PM理論とは、リーダーシップ行動を「目標達成機能(Performance)」と「集団維持機能(Maintenance)」の2軸で分類し、それぞれの強弱によってリーダーシップ像を4つに分類する理論です。

1966年に日本の社会心理学者である三隅二不二によって提唱されました。

目標達成機能とは、組織の目標を達成するために、メンバーの能力を最大限に引き出し、成果を上げるための行動です。

集団維持機能とは、組織の秩序や団結を保ち、メンバーのモチベーションを維持するための行動です。

PM理論では、P機能とM機能のそれぞれの強弱によって、以下の4つのリーダーシップ像を分類します。

  • Pm型:目標達成機能が強く、集団維持機能が弱い
    目標達成に重点を置き、成果を上げることにこだわるリーダーです。指示や指導が明確で、メンバーに対して厳しい要求を課す傾向があります。

  • Mp型:目標達成機能が弱く、集団維持機能が強い
    メンバーの意見や感情を尊重し、組織の団結を重視するリーダーです。メンバーの自主性を尊重し、サポートする傾向があります。

  • PM型:目標達成機能と集団維持機能がともに強い
    目標達成と組織の秩序維持の両方をバランスよく重視するリーダーです。

  • pm型:目標達成機能と集団維持機能がともに弱い
    リーダーシップを発揮できず、組織が機能不全に陥るリスクがあります。

PM理論は、リーダーシップ能力を評価する際に活用されています。また、リーダー育成においても、P機能とM機能のバランスを意識した育成を行うことで、より効果的なリーダーを育成することができると考えられています。

参考URL:
PM理論とは?理論とリーダー育成における活用場面をわかりやすく解説|コラム|人材育成・社員研修|ALL DIFFERENT株式会社