自己開示の返報性とは、相手が自己開示をすると、自分も同じように自己開示をしたくなる心理状態のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

自己開示の返報性とは、相手が自己開示をすると、自分も同じように自己開示をしたくなる心理状態のことです。

自己開示の返報性の具体例

自己開示の返報性の具体的な例としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 初対面の人と会話する際に、相手が出身地や趣味を話してくれたら、自分も出身地や趣味を話す。
    • 仕事で取引先の人と会話する際に、相手が過去の失敗談を話してくれたら、自分も過去の失敗談を話す。
      恋人や友人と会話する際に、相手が悩みを打ち明けてくれたら、自分も悩みを打ち明ける。

参考URL:
自己開示とは?ビジネスにも役立つやり方や例文を紹介 | MarkeTRUNK

自己開示の返報性の特徴

自己開示の返報性は、以下の2つの特徴があります。

同程度の開示をしようとする

相手が自分のことを打ち明けてくれたら、自分も同じように自分を打ち明けようとする傾向があります。ただし、必ずしも同じ内容を打ち明けるわけではなく、相手の開示と同程度の深さや範囲で開示しようとするのです。

似たような内容を打ち明けようとする

相手が自分の悩みを打ち明けてくれたら、自分も同じように悩みを打ち明けようとする傾向があります。この場合、必ずしも同じ悩みを打ち明けるわけではなく、似たような悩みを打ち明けようとするのです。

参考URL:
自己開示の効果とは?方法や注意点、メリットについて解説 | ビジネスチャットならChatwork

自己開示の返報性が起きる原因

自己開示の返報性が起きる原因は、主に以下の2つと考えられています。

相互理解の促進

相手が自分のことを打ち明けてくれた場合、自分も相手に自分を知ってもらいたいという気持ちが働きます。そのため、自分も自分のことを打ち明けることで、お互いの理解を深めようとします。

信頼関係の構築

自分を打ち明けることは、相手に自分をさらけ出す行為です。そのため、相手に自己開示することで、相手への信頼を示すことができます。また、相手も自分を打ち明けてくれることで、自分への信頼を示すことができます。

参考URL:
返報性の原理とは?4つのパターンとマーケティングで活用する際の注意ポイントを解説 | 株式会社Sprocket

自己開示の返報性を高めるコツ

自己開示の返報性を高めるコツは、以下のとおりです。

自分から先に開示する

自分から先に開示することで、相手に安心感を与えることができます。また、相手が自分と同じように自分自身について開示してくれる可能性が高くなります。

相手の話に共感する

相手が開示してくれた内容に共感することで、相手は自分の話を聞いてもらえていることを実感し、信頼感を抱くようになります。

適度な深さで開示する

最初からあまり深い内容を開示してしまうと、相手に警戒心を与えてしまう可能性があります。まずは軽い内容から開示し、徐々に深めていくようにしましょう。

相手の価値観や立場に配慮する

相手が話してくれそうな内容や、相手が共感してくれそうな内容を選んで開示しましょう。また、相手の価値観や立場に配慮した内容を話すことで、相手に好印象を与えることができます。

参考URL:
自己開示とは?【苦手を克服する方法】コツ、デメリット - カオナビ人事用語集

自己開示の返報性の注意点

自己開示の返報性は、コミュニケーションを円滑にし、信頼関係を築くために有効な心理法則ですが、以下のような注意点があります。

相手に無理強いしない

自己開示の返報性は、あくまでも心理的な法則であり、必ずしも相手が自己開示をしてくれるとは限りません。相手が自己開示をしてくれない場合は、無理強いせず、自然な流れで会話を進めましょう。

自分にとってリスクが少ない内容にする

自己開示は、相手との信頼関係を築くために有効ですが、一方で、自分の弱みや失敗をさらけ出すことで、相手にマイナスの印象を与えてしまうリスクもあります。自分にとってリスクが少ない内容から徐々に開示していくようにしましょう。

相手の状況や立場を理解する

自己開示の返報性は、相手との関係性や状況によっても効果が異なります。初対面の相手に対して、すぐに深い自己開示をするのは避けましょう。また、相手が仕事やプライベートで何かしらの悩みを抱えている場合は、その状況を理解した上で、適切な自己開示をするようにしましょう。

具体的な注意点としては、以下のようなものが挙げられます。

自分から先に自己開示する

自己開示の返報性を効果的に活用するためには、自分から先に自己開示することが大切です。相手が自己開示しやすい雰囲気を作ることができます。

相手と共通点のある内容にする

相手と共通点のある内容を自己開示することで、相手との親近感を高めることができます。

相手を尊重する

相手が自己開示したことを、否定したり、批判したりしないでください。相手を尊重する姿勢を示すことで、信頼関係を築くことができます。

参考URL:
【返報性の原理を徹底解説】ビジネスや恋愛で使える活用法とNG行動 - CANVAS|若手社会人の『悩み』と『疑問』に答えるポータルサイト

自己開示の返報性のメリットとデメリット

メリット

信頼関係の構築

自己開示をすることで、相手に自分を知ってもらうことができます。相手が自分を理解してくれると感じると、信頼関係が構築しやすくなります。

コミュニケーションの活性化

自己開示をすることで、相手との共通点や興味関心を見つけやすくなります。共通点や興味関心があると、会話が弾み、コミュニケーションが活性化します。

人間関係の円滑化

自己開示をすることで、相手との間に心理的安全性が生まれます。心理的安全性が高まれば、相手に自分の考えや感情を素直に伝えられるようになります。

デメリット

誤解やトラブルの原因となる可能性がある

自己開示をすることで、相手に誤解を与えたり、トラブルを引き起こしたりする可能性があります。例えば、プライベートな話をすることで、相手に嫌悪感を与えてしまうかもしれません。

相手にプレッシャーを与えてしまう可能性がある

自己開示をすることで、相手に自分と同じように自己開示をするようにプレッシャーを与えてしまう可能性があります。相手がまだ心を開いていないのに、無理に自己開示を要求するのはNGです。

参考URL:
自己開示のメリット・デメリットとは?自己開示が苦手な人向けのトレーニング法も紹介 – ZYAO22