WOOPの法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

WOOPの法則とは?

WOOP法則(WOOP technique)は、ガバッツ・オェッツィンガー博士(Gabriele Oettingen)によって開発された目標設定と達成のためのメンタルコントラスト法です。WOOPは「Wish(願望)」「Outcome(結果)」「Obstacle(障害)」「Plan(計画)」の頭文字を取っています。

以下にWOOP法則の各要素を説明します。

Wish(願望):まず、達成したい目標や望みを具体的に定義します。願望は明確で個人的なものであり、達成したい状態や結果を明確にイメージします。

Outcome(結果):次に、目標を達成した際に得られるポジティブな結果や効果を想像します。達成した場合の利益や喜び、満足感などを具体的にイメージすることで、目標達成への動機付けを高めます。

Obstacle(障害):目標達成の際に起こりうる障害や困難な要素を考慮します。現実的には、目標達成に立ちはだかる可能性のある障害や課題を特定し、それらにどのように対処するかを考えます。

Plan(計画):最後に、具体的なアクションプランを立てます。目標を達成するためにどのような行動をとるか、どのタイミングで行動するか、そして障害を克服するための具体的な戦略や対策を考えます。

WOOP法則は、目標設定や夢実現のための意識的なプロセスを促し、具体的な行動計画を立てることで目標達成の確率を高める手法です。この方法は、個人のモチベーションや行動変容、成果の達成に応用されます。WOOP法則を使用することで、目標に集中し、目標設定と行動計画をより効果的に実行することができます。

https://www.profuture.co.jp/mk/recruit/management/22937

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5