問題解決実験における幻覚剤とは、環境的な支援を受けた上で幻覚剤を使用することが、専門的な問題の解決における能力を向上させることができるかを評価するために実施される研究

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

問題解決実験における幻覚剤とは、環境的な支援を受けた上で幻覚剤を使用することが、専門的な問題の解決における能力を向上させることができるかを評価するために実施される研究です。

幻覚剤は、セロトニン2A受容体に作用する薬物であり、意識や知覚に変化をもたらすことで知られています。近年、幻覚剤が創造性や問題解決能力を向上させる可能性があることが、いくつかの研究で示唆されています。

問題解決実験における幻覚剤の研究では、被験者に幻覚剤を投与した後に、専門的な問題の解決課題に取り組んでもらいます。課題の難易度は、被験者の専門分野や能力に合わせて調整されます。

研究の結果、幻覚剤を投与した被験者は、課題をより創造的かつ効率的に解決できることが示されました。具体的には、以下の効果が報告されています。

  • 抑制と不安が少ないこと
  • 大きな文脈で問題を再構成する能力
  • 観念形成が円滑かつ柔軟に行えること
  • 視覚的なイメージと空想を想起する能力の増大
  • 集中力の向上
  • 外的過程と対象への共感性の向上
  • 他者への共感の高まり
  • 潜在意識化の情報を取り出しやすくなったこと
  • 異なる概念のつながり
  • 完成した解決策を思い浮かべることによる達成動機の高まり

これらの効果は、幻覚剤が脳の認知機能を変化させることで引き起こされると考えられています。例えば、幻覚剤は、創造性に関連する脳領域の活動を活性化することが示唆されています。

ただし、問題解決実験における幻覚剤の研究はまだ初期段階であり、さらなる研究が必要です。幻覚剤の安全性や副作用についても、慎重に検討する必要があります。

なお、幻覚剤は日本で未承認の薬物であり、医師の処方を受けずに使用することは違法です。

参考URL:
問題解決実験における幻覚剤 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5