人知原理論とは、1710年にアイルランドの哲学者ジョージ・バークリーが発表した哲学の著作

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

人知原理論とは、1710年にアイルランドの哲学者ジョージ・バークリーが発表した哲学の著作です。

バークリーは、人間の認識は、あくまでも主観的な観念に基づくものだとして、物質の実在性を否定し、観念論を唱えました。

人知原理論の中心的な命題は、「存在するとは知覚されることである」というものです。

つまり、物質は、それ自体で存在するのではなく、知覚する主体によって存在するのだということです。

バークリーは、物質の第一性質(形や大きさなど)と第二性質(色や味など)を区別し、第一性質は、物質自体が持つ属性であると考えました。

しかし、第二性質は、物質に固有のものではなく、知覚する主体によって与えられるものだと考えました。

例えば、私たちが赤いリンゴを見るとき、リンゴ自体が赤い色を持っているのではなく、私たちがリンゴを赤く知覚しているのだということです。

人知原理論は、当時の哲学界に大きな衝撃を与え、その後の哲学思想に多大な影響を与えました。

ヒュームやカント、ドイツ観念論など、後の哲学者たちは、バークリーの観念論を批判し、独自の認識論を展開しましたが、バークリーの思想は、これらの哲学思想の形成に重要な役割を果たしました。

人知原理論の特徴は、以下のとおりです。

  • 物質の実在性を否定する観念論を唱えた
  • 第一性質と第二性質を区別し、第二性質は知覚する主体によって与えられるものだとした
  • その後の哲学思想に多大な影響を与えた

人知原理論は、現代の哲学や心理学においても、重要な思想として研究されています。

参考URL:
人知原理論 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5