ラダー効果とは、物事を抽象化(抽象のはしごを上る)して伝えることによってモチベーションを高める技術

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ラダー効果とは、物事を抽象化(抽象のはしごを上る)して伝えることによってモチベーションを高める技術です。

例えば、ある人が「ダイエット」を目標としている場合、その目標を「痩せる」と表現するよりも、「健康的な体になりたい」と表現する方が、よりモチベーションが高まる可能性があります。これは、目標を抽象化することで、目標の意義や価値をより明確に理解できるようになるためと考えられます。

ラダー効果は、以下の2つの要因によって説明されています。

  • 目標の抽象化:目標を抽象化することで、目標の意義や価値をより明確に理解できるようになり、目標達成への意欲が高まります。
  • 目標の共感性:目標を共感できるものにすることで、目標達成へのモチベーションが高まります。
    ラダー効果は、さまざまな分野で活用されています。例えば、教育では、学生のモチベーションを高めるために、目標を抽象化した表現を用いることがあります。また、ビジネスでは、従業員のモチベーションを高めるために、目標を抽象化した表現を用いることがあります。

ラダー効果を理解することで、私たちは、目標を達成するために、より効果的な方法をとることができるかもしれません。例えば、目標を達成するために、目標を抽象化した表現を用いることで、モチベーションを高め、目標達成の可能性を高めることができるでしょう。

ラダー効果の具体例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ダイエットを「痩せる」から「健康的な体になりたい」に変更する。
  • 資格試験の合格を「合格する」から「夢を叶える」に変更する。
  • 仕事の成果を「成果を出す」から「組織に貢献する」に変更する。
    ラダー効果は、目標を達成するために、効果的な方法の一つです。目標を達成するために、ラダー効果を活用してみてはいかがでしょうか。

参考URL:
やる気のない部下に響くモチベーションアップの秘策は「ラダー効果」にあり - Hashikake [ハシカケ]