「ん」が口癖の人の心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

「ん」が口癖の人の心理は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

言葉が出ない、言い切れない

「ん」は、言葉が出ない、言い切れないときに使うことが多い言葉です。そのため、この口癖を持つ人は、自分の意見や考えをうまく伝えることができない、自信がない、といった心理状態にある可能性があります。

相手の話を聞いている、理解している

「ん」は、相手の話を聞いている、理解しているときにも使われる言葉です。そのため、この口癖を持つ人は、相手の話に興味があり、よく聞いている、理解しようとしている、といった心理状態にある可能性があります。

会話をつなぐ、間を持たせる

「ん」は、会話をつなぐ、間を持たせるときにも使われる言葉です。そのため、この口癖を持つ人は、会話を盛り上げたい、相手に話を促したい、といった心理状態にある可能性があります。

具体的には、以下のような状況で「ん」を使うことが多いと考えられます。

  • 自分の意見や考えを言うときに、自信がなくて言葉が出ない
  • 相手の話の内容が難しい、理解できない
  • 相手の話が長くて、途中で聞き取れなくなる
  • 会話が途切れそうになって、間を持たせたい

もちろん、口癖には個人差があります。また、状況や相手によっても、心理状態は変わってきます。そのため、あくまでも一例として捉えてください。

他者から見た「ん」が口癖の人の印象は、以下のようなものが挙げられます。

  • 自信がない、頼りない
  • 言いたいことを言えない、消極的
  • 会話が単調、つまらない

しかし、必ずしも悪い印象を与えるわけではありません。例えば、相手の話に興味があり、よく聞いていることが伝われば、好印象を与えることもあります。

「ん」が口癖で、自分の印象を良くしたい場合は、以下のようなことに気をつけましょう。

  • 自分の意見や考えを言うときには、自信を持って言葉に出すようにする
  • 相手の話の内容が難しい場合は、聞き返すようにする
  • 会話が途切れそうになったら、他の話題を振るようにする

また、口癖を直したい場合は、意識的に他の言葉を使うように練習しましょう。

参考URL:
「え?」「ん? - 」が口癖の人…。こちらから話を振ったときに返事が... - Yahoo!知恵袋

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5