佐伯胖

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

佐伯胖は、1939年生まれの日本の認知心理学者です。慶應義塾大学文学部心理学科卒業後、東京大学大学院教育学研究科博士課程を修了し、東京大学教育学部助手、講師、助教授、教授を経て、2000年定年退官。その後、青山学院大学文学部教育学科教授、社会情報学部教授を歴任し、2013年退職。現在は、信濃教育会教育研究所所長、東京大学名誉教授、青山学院大学名誉教授。

佐伯胖は、認知科学の分野で、学習、理解、思考、創造性などの心理過程を研究してきました。特に、学習の構造や学習の過程における「気づき」の役割に関する研究で知られています。また、教育学や保育学にも深く関わり、子どもの遊びや学びの支援に関する研究も行っています。

主な著書に、「学び」の構造(1990年)、「学ぶ」ということの意味(1992年)、「わかる」ということの意味(1996年、新版2022年)、「子どもの遊びを考える:「いいこと思いついた!」から見えてくること(2006年)、「認知科学の方法(2011年)」などがあります。

佐伯胖の研究は、日本の認知科学の分野の発展に大きく貢献し、教育や保育の現場にも大きな影響を与えています。

以下に、佐伯胖の研究の特徴をいくつか挙げます。

  • 学習や理解などの心理過程を、人間の行動や言語、思考などの観点から総合的に捉えようとする姿勢。
  • 学習の過程における「気づき」の役割を重視する視点。
  • 子どもの遊びや学びの支援に関する研究。

佐伯胖の研究は、学習や理解、創造性などの心理過程を理解するための重要な知見を提供するものであり、今後も多くの人々に影響を与え続けることでしょう。

参考URL:
佐伯胖 - Wikipedia

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5