ゴールデンサークル理論とは、マーケティングコンサルタントのサイモン・シネック氏が提唱した、コミュニケーションの考え方

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ゴールデンサークル理論とは、マーケティングコンサルタントのサイモン・シネック氏が提唱した、コミュニケーションの考え方です。

ゴールデンサークル理論は、以下の3つの要素で構成されています。

  • Why(なぜ):何のために存在するのか
  • How(どうやって):どのように実現するのか
  • What(何を):具体的に何をするのか

ゴールデンサークル理論によると、人は「Why(なぜ)」から共感し、行動に移すため、コミュニケーションにおいては、「Why(なぜ)」から伝えることが重要であると考えられています。

たとえば、Apple の製品は、常に革新的なデザインと機能で、多くの人から支持されています。Apple の製品が成功した理由は、単に「何を」提供するかという点だけでなく、「Why(なぜ)」、つまり「人々の生活をより良くするために、革新的な製品を提供する」という理念が、人々の共感を呼んだことが考えられます。

ゴールデンサークル理論は、マーケティングや広告の分野で活用されていますが、ビジネスや日常生活のコミュニケーションにおいても、有効な考え方です。

ゴールデンサークル理論を活用したコミュニケーションを行うことで、相手に共感してもらい、行動を促すことにつながるでしょう。

具体的な活用方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • プレゼンテーションやスピーチで、最初に「Why(なぜ)」を伝える
  • 商品やサービスの広告で、商品やサービスの理念や価値観を訴求する
  • 社内コミュニケーションで、企業の理念やビジョンを共有する

ゴールデンサークル理論を活用して、より効果的なコミュニケーションを実現しましょう。

参考URL:
ゴールデンサークル理論とは|マーケティングに活用する方法も解説