オレムのセルフケア理論とは、アメリカの看護学者であるドロセア・オレムが提唱した理論

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

オレムのセルフケア理論とは、アメリカの看護学者であるドロセア・オレムが提唱した理論です。

この理論では、セルフケアとは、人間が生命、健康、安寧を維持するために、自らの意思と責任において行う活動であると定義されています。

オレムは、セルフケアには、以下の9つの普遍的セルフケア要件があるとしています。

  • 呼吸
  • 食事
  • 排泄
  • 活動と休息
  • 孤独と社会的相互作用
  • 危険予防
  • 健康促進
  • 成長と発達

これらのセルフケア要件は、人間の生命、健康、安寧を維持するために不可欠であり、すべての人間がこれらのセルフケア要件を満たすことができる能力を持っているとしています。

しかし、疾病や障害、環境の変化などにより、セルフケア能力が低下することがあります。このような場合、看護師は、患者や家族のセルフケア能力を回復・維持するために援助を行うことが重要であるとされています。

オレムのセルフケア理論は、看護教育や看護実践において広く用いられています。また、セルフケアに関する研究や教育にも重要な影響を与えています。

オレムのセルフケア理論の具体的な特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • セルフケアは、人間が生命、健康、安寧を維持するために行う活動であると定義されている。
  • セルフケアには、9つの普遍的セルフケア要件があるとされている。
  • セルフケア能力は、疾病や障害、環境の変化などにより低下する可能性がある。

オレムのセルフケア理論は、看護師が患者や家族のセルフケア能力を理解し、支援を行うための重要な理論です。

参考URL:
慢性呼吸不全患者の自己決定を支える援助