認知特性とは、目や耳などの感覚器から入った情報を理解・整理・記憶・表現する「方法」

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

認知特性とは、目や耳などの感覚器から入った情報を理解・整理・記憶・表現する「方法」で、六つのタイプに分かれます。

視覚優位者:目で見た情報を処理するのが得意なタイプです。図や表、イラストなど視覚的な情報で理解しやすいです。
言語優位者:読んだ情報を処理するのが得意なタイプです。文章や指示など言語的な情報で理解しやすいです。
聴覚優位者:聞いた情報を処理するのが得意なタイプです。会話や音声など聴覚的な情報で理解しやすいです。
それぞれのタイプは、さらに2つずつに細分化され、以下の6つのパターンとなります。

写真(カメラアイ)タイプ:目で見た情報を、そのまま記憶や理解するタイプです。
三次元映像タイプ:目で見た情報を、立体的に捉えて記憶や理解するタイプです。
言語映像タイプ:読んだ情報を、頭の中でイメージ化して理解するタイプです。
言語抽象タイプ:読んだ情報を、概念や論理的に理解するタイプです。
聴覚言語タイプ:聞いた情報を、言葉や音で理解するタイプです。
聴覚&音タイプ:聞いた情報を、音やリズムで理解するタイプです。
認知特性は、生まれながらに備わった個人の特質であり、大きく変えることは難しいと言われています。しかし、自分の認知特性を理解することで、以下のメリットがあります。

学習や仕事の効率化:自分の得意な方法で情報を処理することで、学習や仕事の効率化が図れます。
コミュニケーションの円滑化:相手の認知特性を理解することで、より効果的なコミュニケーションが取れやすくなります。
自己理解の深化:自分の認知特性を理解することで、自分の強みや弱みを理解し、自己理解を深めることができます。
認知特性は、教育やビジネス、心理療法など、さまざまな分野で活用されています。

参考URL:
認知特性 | 認知機能の見える化プロジェクト