実用主義

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

実用主義とは、19世紀後半から20世紀にかけてアメリカで広まった哲学思想です。ギリシャ語の「プラグマ」(pragma) から派生した「プラグマティズム」(pragmatism) とも呼ばれます。

実用主義は、人間の生活に実際に役立つことを重んじて、さまざまな問題を解決していこうとする思想です。物事の本質や真理は、理論や信念ではなく、行動の結果によって判断されると考えます。

実用主義の代表的な人物としては、チャールズ・サンダース・パース、ウィリアム・ジェームズ、ジョン・デューイなどが挙げられます。

実用主義の特徴は、以下のとおりです。

行動を重視する
実用主義は、理論や信念よりも行動を重視します。物事の本質や真理は、理論や信念からではなく、行動の結果によって判断されると考えます。

有用性を重視する
実用主義は、有用性を重視します。物事や考え方は、その有用性によって価値が決まります。

変化を重視する
実用主義は、変化を重視します。現実は常に変化しており、それに応じて知識や価値観も変化していくと考えます。

実用主義は、アメリカの思想として発展しましたが、現在では世界各地で広く受け入れられています。実用主義の考え方は、教育やビジネス、政治など、さまざまな分野で活用されています。

実用主義の具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

教育においては、生徒が実践的に学ぶことを重視する。
ビジネスにおいては、顧客のニーズを満たす商品やサービスを提供する。
政治においては、国民の利益を実現する政策を立てる。
実用主義は、人間の生活をより良くするための有益な思想であると言えるでしょう。

https://www.tempstaff.co.jp/client/hr-knowledge/1818.html

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5