心理学におけるオープンポジションとは、腕や脚を広げたり、体を前傾させたりといった、相手との距離を縮めるような体勢を指します。

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

心理学におけるオープンポジションとは、腕や脚を広げたり、体を前傾させたりといった、相手との距離を縮めるような体勢を指します。一般的に、オープンポジションは、相手に対して好意や信頼、開放性などのポジティブな感情を持っていることを示すと考えられています。

具体的には、次のようなものがオープンポジションに該当します。

  • 腕や脚を広げる
  • 体を前傾させる
  • 目線を合わせる
  • 笑顔で接する
  • 積極的に会話をする

一方、腕や脚を組んだり、体を後ろに引いたりといった、相手との距離を遠ざけるような体勢は、クローズドポジションと呼ばれます。クローズドポジションは、相手に対して警戒心や否定的な感情を持っていることを示すと考えられています。

オープンポジションとクローズドポジションは、相手の心理状態を推測する際に役立つ指標となります。たとえば、営業の際には、顧客とのオープンポジションをとることで、信頼感や親近感を醸成し、商談を有利に進めることができます。また、恋愛の場面では、オープンポジションをとることで、相手に好意をアピールすることができます。

なお、オープンポジションとクローズドポジションの判断は、あくまでも傾向論であり、必ずしも正確ではありません。相手の心理状態を正確に把握するためには、オープンポジションやクローズドポジションに加えて、表情や声のトーン、言葉の選び方など、さまざまな要素を考慮する必要があります。

参考URL:
相手に振り回されない方法「オープンポジションとクローズドポジション」|「マイナビウーマン」

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5