市場原理とは、市場において、需要と供給のバランスによって、価格が決定され、資源が効率的に配分されるという経済原理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

市場原理とは、市場において、需要と供給のバランスによって、価格が決定され、資源が効率的に配分されるという経済原理です。

市場原理の中心となるのは、需要と供給の力です。需要とは、ある商品やサービスの購入を希望する人の量のことです。供給とは、ある商品やサービスを提供する人の量のことです。

需要と供給の力は、市場において常に作用しています。需要が供給を上回ると、価格は上昇します。これは、需要が高く、供給が少ないため、商品やサービスを買いたい人が多いので、売り手が価格を上げることで利益を得ることができるからです。

一方、需要が供給を下回ると、価格は下落します。これは、需要が低く、供給が多いため、商品やサービスを買いたい人が少ないため、売り手が価格を下げることで、商品やサービスを売り切ることができます。

この需要と供給の力のバランスによって、市場における価格が決定されます。

市場原理は、経済学において最も重要な原理の1つです。市場原理によって、商品やサービスの価格が適正に決定され、資源が効率的に配分されます。

市場原理の具体例としては、以下のような事例が挙げられます。

  • 新商品の発売によって、需要が急増すると、価格が上昇します。
  • 不景気によって、需要が減少すると、価格が下落します。
  • 生産技術の向上によって、供給が増加すると、価格が下落します。

市場原理は、市場経済において重要な役割を果たしています。しかし、市場原理には、以下のような限界もあります。

  • 市場の失敗:市場原理では、市場において、すべての商品やサービスが適正に価格が決定されるわけではありません。例えば、自然環境や公共財などは、市場原理によって効率的に配分することが難しい場合があります。
  • 格差の拡大:市場原理では、競争によって、より効率的な企業が生き残ります。しかし、この競争によって、企業間の格差が拡大する可能性があります。

市場原理は、経済を効率的に運営するために重要な原理ですが、その限界を理解した上で、適切に活用することが重要です。

参考URL:
市場原理 – 一般社団法人日本医療・病院管理学会

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5