ストループ効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ストループ効果とは?

ストループ効果(Stroop effect)は、心理学の実験において観察される現象で、言語と色彩の処理が相互に干渉し合うことを示しています。この効果は、ジョン・R・ストループ(John Ridley Stroop)によって初めて報告されました。

ストループ効果の典型的な実験では、参加者に色の名前が書かれた単語を見せますが、その単語のインクの色と異なる色で表示されます。たとえば、単語 "RED" が青いインクで表示されたり、単語 "BLUE" が赤いインクで表示されたりします。参加者はできるだけ早く表示されたインクの色を読むか、または単語の意味を無視してインクの色を名前るように求められます。

ストループ効果によれば、単語の意味とインクの色が一致しない場合、参加者はインクの色を正確に読むのに時間がかかる傾向があります。たとえば、単語 "RED" が青いインクで表示された場合、参加者は「赤」という単語の意味に引きずられ、本来のインクの色である「青」を読むのに苦労することがあります。

この効果は、自動的な認知プロセスと制御的な認知プロセスが干渉し合っていることを示しています。単語の意味は自動的に処理される傾向があり、それに対してインクの色を読むという課題はより制御的なプロセスを必要とします。ストループ効果は、このような自動的な処理と制御的な処理の競合が生じる場合に観察されます。

ストループ効果は、認知心理学や実験心理学の分野で広く研究されています。この現象は、言語と認知の相互作用や注意の制御、認知の柔軟性などの理解に役立ち、また、神経心理学的な基盤や臨床心理学への応用についても関心が寄せられています。

https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-20793.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です