片面提示の法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

片面提示の法則とは?

片面提示の法則(One-Sided Presentation)は、情報や論点を伝える際に、一方の側面や視点のみを提示することを指します。つまり、ある問題や主張について、一つの側面や一方の視点のみを強調し、他の側面や反対の視点を無視する傾向があるという法則です。

片面提示の法則は、情報伝達や説得のプロセスにおいて重要な要素です。情報の選択や表現の仕方によって、受け手の意見や判断に影響を与えることができます。特定の視点や情報のみを提示することで、受け手の思考や意見形成を誘導したり、特定の結論に導いたりすることができます。

片面提示の法則は、説得の技術やマーケティング、政治的なメッセージの伝達などさまざまな場面で利用されることがあります。例えば、製品の広告では、その製品の利点や良い側面のみを強調することで消費者の関心を引き、購買意欲を高めることが狙われます。

ただし、片面提示の法則は情報の偏りや誤解を招く可能性があります。一方の側面や視点のみを提示することで、全体像や複雑さを欠落させ、受け手の理解を歪めることがあります。そのため、公正さや客観性を求める場面では、情報の多角的な提示や相反する視点の考慮が重要です。

https://claimnavi.com/column/1757/

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5