集団心理とは、集団にいるときに人々が経験する思考、感情、行動の変化

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

集団心理とは、集団にいるときに人々が経験する思考、感情、行動の変化です。集団心理は、集団が一時的または永続的であるかどうかに関係なく、あらゆる規模の集団に影響を与える可能性があります。

集団心理には多くの要因が関与しています。最も重要な要因の 1 つは、匿名性の感覚です。集団にいるとき、人々は自分のアイデンティティが失われると感じることがあります。これにより、通常とは異なる行動をとることがあります。

集団心理のもう 1 つの重要な要因は、社会的証明の概念です。人々は、集団内の他の人が何をしているかを判断し、それに倣う傾向があります。これは、危険または破壊的な行動につながる可能性があります。

集団心理は、良い方向にも悪い方向にも働く可能性があります。たとえば、集団心理は、人々が他の人を助けるように動機付けるために使用できます。また、暴動や暴力を引き起こすためにも使用できます。

集団心理の影響を認識しておくことが重要です。集団にいるときは、通常とは異なる行動をとる可能性が高くなります。集団の判断に疑問を感じたら、一歩下がって行動を再考することが重要です。

参考URL:
集団心理とは? 意味と具体例を心理学で解説|「マイナビウーマン」