選好注視法

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

選好注視法とは?

選好注視法(Preference Eye-Tracking)は、心理学や市場調査などで使用される手法の一つです。この手法は、人々の視覚的な注意の焦点や好みを測定するために、眼球運動の記録を使用します。

選好注視法では、被験者に与えられた刺激(画像、広告、商品など)を見ながら、その刺激にどの部分の視線を集中させているかを追跡します。通常は、特殊な装置(アイトラッカー)を使用して、被験者の眼球の動きを計測し、注視点の位置や時間を記録します。

この手法を使用することで、人々がどのような視覚的な情報に注目しているか、またその情報に対してどのような反応や好みを示しているかを分析することが可能となります。例えば、広告の効果を評価する際に、どの要素が視線を引きつけるのか、どの要素が強い好意や関心を引き起こすのかを調べることができます。

選好注視法は、商品デザインの最適化や広告の効果測定、消費者の意思決定過程の理解など、マーケティングや広告業界で広く利用されています。また、心理学の研究においても、注意や認知のプロセスを調査するためのツールとして重要な役割を果たしています。

https://it-counselor.net/psychology-terms/preferential-looking-method