刺激の貧困とは、人間が言語を習得する際に受ける言語的な刺激が、その言語の複雑な構造を説明するには不十分であるという言語学の概念

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

刺激の貧困とは、人間が言語を習得する際に受ける言語的な刺激が、その言語の複雑な構造を説明するには不十分であるという言語学の概念です。

具体的には、以下の2つの側面から指摘されています。

量的な貧困

子供たちが実際に聞き取る言語データは、文法規則を全て学習するには十分な量ではないという問題です。例えば、ある文法規則が100回に1回しか使われない場合、子供はその規則を偶然にしか学習できない可能性があります。

質的な貧困

子供たちが聞き取る言語データは、文法規則の全てを正確に反映していないという問題です。例えば、大人が話す言語には文法的に誤った表現や不完全な文も多く含まれており、子供はこれらの誤りを真似てしまう可能性があります。

刺激の貧困 は、言語は経験を通じてのみ学習されるという経験主義的な考えに反する証拠とされています。もし経験だけで言語が習得できるとしたら、子供たちは不完全な言語データからでも、文法規則を完璧に学習できるはずだからです。

刺激の貧困 の問題を解決するために、生得主義と呼ばれる理論が提唱されました。この理論は、人間は言語を習得するための生まれつきの能力を持っており、その能力によって不完全な言語データからでも文法規則を学習できると主張します。

刺激の貧困 は、言語習得のメカニズムを理解する上で重要な概念であり、現在も活発な議論が行われています。

参考URL:
刺激の貧困:the poverty of the stimulus, POTS