頻度錯誤

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

頻度錯誤とは?

頻度錯誤(ひんどさくご)は、人々が特定のイベントや現象の頻度を誤って評価する心理的なバイアスのことを指します。このバイアスは、統計的な情報や確率に基づく予測と実際の結果との間にギャップが生じることを意味します。

頻度錯誤は、主に以下の2つの主要な要因によって引き起こされます。

イベントの代表性に基づく誤り: イベントや現象が特定のカテゴリーやパターンにどれだけ「代表的」であるかに基づいて判断しようとする傾向があります。人々は、イベントがあるカテゴリーに属していると感じる場合、そのカテゴリーの頻度を過大評価する傾向があります。たとえば、ある地域での交通事故の頻度が高い場合でも、その地域が交通事故の多発地域であるというイメージが強い場合、実際よりも交通事故の発生頻度を高く評価してしまうことがあります。

視覚的な印象に基づく誤り: 目撃したりメディアで報道されたりする情報に基づいて判断する傾向があります。特に感情的な情報やメディアの影響を受けると、その情報の印象に強く左右され、実際の頻度とは異なる評価をすることがあります。例えば、テレビやインターネットで犯罪や災害が頻繁に報道されていると、そのような事件や災害が実際よりも頻繁に発生していると感じることがあります。

頻度錯誤は、人々が情報の処理や判断においてバイアスを持つことを示しています。このバイアスを理解することで、より客観的な評価や意思決定を行うことができるかもしれません。

https://sbsmarketing.co.jp/marketing/whatis-color-bath-effect-2022-08/

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5