生理心理学とは、人間の心理学的な現象と生理学的な活動との関係を科学的に解明する心理学の一分野

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

生理心理学とは、人間の心理学的な現象と生理学的な活動との関係を科学的に解明する心理学の一分野です。

具体的には、人間の心理状態や行動が、心拍数や血圧、体温、脳波、筋電図などの生理指標にどのように反映されるかを研究します。

例えば、恐怖を感じると心拍数や血圧が上昇したり、緊張すると筋肉が緊張したりするのは、生理心理学でよく知られている事実です。

生理心理学は、心理学と生理学の両方の知見を活かして、人間の心と体の関係をより深く理解することを目的としています。

生理心理学の研究分野は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 情動生理学:恐怖、怒り、喜びなどの情動と生理指標の関係を研究する分野
  • 認知生理学:注意、記憶、学習などの認知機能と生理指標の関係を研究する分野
  • パーソナリティ生理学:性格や気質と生理指標の関係を研究する分野

生理心理学の研究成果は、心理学や医学の分野で幅広く応用されています。

例えば、心理療法や薬物療法の有効性を検証するために、生理心理学の研究成果が用いられています。また、睡眠障害やうつ病などの精神疾患の診断や治療にも生理心理学の研究成果が活用されています。

今後も、生理心理学の研究は、人間の心と体の関係をより深く理解し、心の健康を維持・増進するための新たな方法を開発するために、重要な役割を果たしていくでしょう。

参考URL:
生理心理学とは | 文部科学省後援こころ検定、心理カウンセラーなら通信講座のTERADA医療福祉カレッジ

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5