ヒグビーの理論とは、アメリカの心理学者エドワード・ヒグビーが提唱した、記憶の保持と回想を促進する7つのテクニックのこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

ヒグビーの理論とは、アメリカの心理学者エドワード・ヒグビーが提唱した、記憶の保持と回想を促進する7つのテクニックのことです。

ヒグビーは、記憶は単純に情報を記憶するだけでなく、意味づけや関連付けを行うことでより効果的に保持されると考えました。そして、この考えに基づいて、記憶の保持と回想を促進する7つのテクニックを開発しました。

ヒグビーの理論の7つのテクニックは、以下のとおりです。

  • 有意味化:情報を既存の知識や経験と関連付けて理解する。
  • 組織化:情報をグループ分けや階層構造などで整理する。
  • 連想:情報を連想や関連付けによって結びつける。
  • 視覚化:情報をイメージ化して記憶する。
  • 注意:情報を集中して注意を払って記憶する。
  • 興味:情報を興味を持って記憶する。
  • フィードバック:記憶した内容を定期的に確認する。

これらのテクニックを組み合わせることで、記憶の保持と回想を効果的に促進することができます。

以下に、ヒグビーの理論の7つのテクニックを具体的な例とともに説明します。

有意味化

例えば、英語の単語を覚えるときに、単語の意味や語源を調べて理解することで、より効果的に記憶することができます。

組織化

例えば、歴史の出来事を年代順やテーマ別に整理することで、記憶しやすくなります。

連想

例えば、英単語を覚えるときに、似た意味や発音の単語を一緒に覚えることで、記憶しやすくなります。

視覚化

例えば、地理の位置関係を覚えるときに、地図や図をイメージすることで、記憶しやすくなります。

注意

例えば、試験勉強をするときは、集中して注意を払って勉強することで、記憶しやすくなります。

興味

例えば、好きなことに関することを覚えるときは、より興味を持って覚えることができるため、記憶しやすくなります。

フィードバック

例えば、暗記した内容を定期的にテストすることで、記憶が定着しやすくなります。

ヒグビーの理論は、学生やビジネスパーソンなど、さまざまな人が記憶力を向上させるために活用されています。

参考URL:
【ヒグビーの理論】記憶力を高める7つの暗記テクニックとは? | StudyGeek | スタディーギーク

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5