シャワー効果

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

シャワー効果とは?

シャワー効果(Shower Effect)は、情報の伝達やコミュニケーションの際に起こる現象の一つです。この効果は、一部の情報が強く注目され、他の情報が薄れる現象を指します。

シャワー効果は、一般的には情報の注目度や関心の度合いに基づいて発生します。特定の情報やトピックが注目を浴びると、その情報に関連する追加の情報や関連情報が相対的に薄れる傾向があります。これは、人々の注意や関心が特定の要素に集中することで、他の要素が見落とされたり忘れられたりすることを意味します。

シャワー効果は、複数の情報やメッセージが同時に提示される状況でよく観察されます。例えば、プレゼンテーションや広告などの場面において、特定のポイントや主要なメッセージが強調されると、それ以外の情報が相対的に控えめになる場合があります。また、メディアや広告の情報過多の状況では、人々は限られた情報にのみ注意を向ける傾向があります。

シャワー効果は、情報の伝達やコミュニケーションにおいて意識する必要があります。重要な情報が埋もれる可能性があるため、効果的な情報伝達のためには、重要なメッセージを明確に伝えることや、情報の選択や整理を行うことが重要です。また、情報を効果的に伝えるためには、受け手の関心や認知の限界に配慮することも重要です。

https://web-box.co.jp/marketing/psychology-fountain-effect/