議題設定効果とは、マスメディアが報道する内容が、大衆の社会問題に対する関心や認識を左右する効果のこと

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

議題設定効果とは、マスメディアが報道する内容が、大衆の社会問題に対する関心や認識を左右する効果のことです。

マスメディアは、ニュースや報道番組、雑誌、新聞などを通じて、さまざまな社会問題に関する情報を発信しています。これらの情報は、大衆の社会問題に対する関心や認識に大きな影響を与えます。

例えば、ある社会問題について、マスメディアが頻繁に報道すると、その問題に対する大衆の関心が高まります。また、マスメディアがその問題を重要視するような報道をすると、大衆は、その問題が重要であると認識するようになります。

議題設定効果は、さまざまな研究で実証されています。例えば、1972年に、アメリカの政治学者ウォーレン・リープラーらが行った研究では、アメリカのテレビニュースで、ベトナム戦争に関する報道量が増えると、大衆のベトナム戦争に対する関心が高まるという結果が示されています。

議題設定効果は、マスメディアが社会に大きな影響を与える力があることを示すものです。マスメディアは、社会問題に対する大衆の関心や認識を高め、社会問題の解決に貢献する可能性を秘めています。

議題設定効果は、マスメディアの報道内容によって、大衆の社会問題に対する関心や認識が左右されることを示しています。そのため、マスメディアは、社会問題に対する公正かつ客観的な報道を行うことが重要です。また、マスメディアは、大衆の関心や認識に与える影響の大きさを認識し、その責任を果たすことが求められます。

議題設定効果を活用することによって、マスメディアは、社会問題の解決に貢献することができます。例えば、マスメディアは、社会問題に関する情報を積極的に報道することで、大衆の関心や認識を高め、社会問題の解決に向けた議論を促すことができます。また、マスメディアは、社会問題の解決策に関する情報を発信することで、社会問題の解決に貢献することができます。

参考URL:
議題設定効果 | 心理学用語集サイコタム

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5