ハンブルブラッキング

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ハンブルブラッキングとは?

「ハンブルブラッキング」(Humblebragging)とは、社交的な状況で自慢や誇示をする一方で、謙虚さや謙遜を装う行動や言動のことを指します。つまり、自分自身や自分の成果を示すことで自慢したい気持ちを持っているが、それを謙虚に見せかけるために一定の努力をするという行為です。

ハンブルブラッキングの例としては、「あの試験、まったく勉強しなかったのに偶然満点取れちゃって」というような発言があります。この場合、実際には自慢したい気持ちがあるが、それを謙虚に見せかけるために「勉強しなかった」という要素を追加しています。

ハンブルブラッキングは、社交的な場で自己評価や社会的な評価を高めるために利用される戦略の一つです。しかし、多くの場合、他人に対して虚偽や不正直さを感じさせる可能性があり、相手から好意的な反応を得ることが難しくなる場合もあります。

また、ハンブルブラッキングは自己顕示欲や自尊心の表出の一形態であり、本当の謙虚さや謙遜とは異なるものです。謙虚さや謙遜は他人を尊重し、自身を過度に強調しない態度や言動を指します。

ハンブルブラッキングは社会的なコミュニケーションにおいて批判を浴びることもあるため、相手の反応や文脈を考慮しながら使用する必要があります。真の謙虚さや自己評価のバランスを保つことが重要です。

https://sawaofficialblog.conohawing.com/%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%87%AA%E6%85%A2%E3%80%8C%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%8D/