「そういえば」が口癖の人の心理

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

「そういえば」が口癖の人には、いくつか共通する心理が考えられます。

1. 話題を変えたい

会話の中で、少し沈黙が生まれたり、自分が話したい話題に移行したい時に、「そういえば」を使うことがあります。これは、場の空気を和ませたり、スムーズに話題を変えるためのクッション言葉として使われることが多いです。

2. 自分の意見を主張したい

「そういえば」を使って、自分の意見を前置きすることで、相手に受け入れられやすくしようとする心理も働きます。これは、自信がない場合や、相手との衝突を避けたい場合に顕著です。

3. 自分の存在をアピールしたい

「そういえば」を使って、自分が何か知っていることをアピールしようとする心理も考えられます。これは、承認欲求や自己顕示欲の表れと言えます。

4. 過去のことを思い出した

単純に、会話の中で思い出したことを共有したいという気持ちで「そういえば」を使うこともあります。これは、特に深い意味はなく、自然な会話の流れの中で出てくる言葉です。

5. 自分の考えを整理したい

「そういえば」を使うことで、自分が話したい内容を整理し、頭の中をまとめる効果もあります。これは、論理的に話すことが苦手な人や、考えがまとまらない人に多く見られます。

6. 相手に話を振りたい

「そういえば」を使って、相手に話を振って、会話を盛り上げようとすることもあります。これは、相手とのコミュニケーションを円滑に進めたいという気持ちの表れです。

参考URL:
「そう言えば」という口癖から性格が分かる心理学