購入後の合理化

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

購入後の合理化とは?

購入後の合理化(Post-Purchase Rationalization)は、個人がある商品やサービスを購入した後に、その購入を正当化しようとする心理的なプロセスを指します。合理化は、購入決定が自己の価値や利益に合理的であると感じることによって、不安や後悔を軽減しようとする行動です。

人々はしばしば購入後に合理化を行います。これは、購入した商品やサービスに対してポジティブな見方を持ち、その価値や利益を再評価することです。例えば、高価な商品を購入した場合、その商品を使ったり所有したりすることによって、自分自身を満足させようとする傾向があります。また、社会的な要因(広告や他人の意見)によって商品の良さを強調し、購入したことを正当化しようとすることもあります。

合理化は、心理的な不一致を解消するための自己防衛メカニズムの一つとされています。人々は一度の購入行動に対して多くの情報や努力を投じるため、その選択が正しいものであると確信したいという欲求が生じます。合理化によって、人々は購入した商品やサービスに対する自己正当化を行い、内部の不一致を解消しようとします。

ただし、合理化は個人の認知バイアスや自己欺瞞の一形態でもあります。つまり、合理化によって人々は事実や現実から目をそらし、自分自身を守ろうとする傾向があります。したがって、購入後の合理化は、人々が合理的な判断や自己評価をする際に注意が必要であり、客観的な視点を保つことが重要です。

https://kokoronougoki.com/entry/89.html