ビール・ゴーグル効果

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

ビール・ゴーグル効果とは?

「ビール・ゴーグル効果」は、アルコールの摂取によって人々の認識や判断が歪んでしまう現象を指します。特に、アルコールを摂取した状態で異性に対しての魅力や魅力的な特徴を過大評価する傾向があることを指すことが一般的です。

この用語は、アルコールを摂取することによって、視覚的な歪みや社交的な影響が生じることを表現しています。ビール・ゴーグル効果の語源は、ビールを飲んでいる人がビールメガネ(goggles)をかけているように、アルコールの影響で現実が歪んで見えるというイメージからきています。

ビール・ゴーグル効果は、次のような影響があるとされています:

魅力の評価の歪み: アルコールの摂取によって、他の人の外見や魅力的な要素を過大評価する傾向があるとされています。つまり、アルコールを飲んだ状態では、一般的には魅力的には見えない人も魅力的に感じられることがあります。

社交性の向上: アルコールは抑制を緩和し、社交性やコミュニケーション能力を高めることが知られています。そのため、アルコールを摂取した状態では、他の人との対話や関係構築がより容易になると感じられることがあります。

リスク判断の低下: アルコールの影響によって、判断力やリスク評価能力が低下することがあります。その結果、アルコールを摂取した状態では、自身の行動や他の人との関係におけるリスクを過小評価する傾向があるとされています。

重要なことは、ビール・ゴーグル効果はアルコールの摂取によって一時的に生じる現象であり、実際の評価や判断には歪みをもたらす可能性があることです。アルコールを摂取する際には、自身の行動や判断に注意を払い、安全かつ適切な判断を行うことが重要です。

https://diamond.jp/articles/-/329297