初頭効果とは、最初に与えられた情報に強く影響される心理的な傾向のこと

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

初頭効果とは、最初に与えられた情報に強く影響される心理的な傾向のことです。

例えば、初めて会った人の第一印象が、その人に対する印象として長く残り続けるといった経験はありませんか?これは、初頭効果の影響によるものです。

初頭効果は、以下の2つの要因によって生じると考えられています。

  • 注意の集中:最初に与えられた情報は、注意が集中して処理されるため、記憶に残りやすくなります。
  • 帰属バイアス:最初に与えられた情報を、その人や物事の特徴として帰属する傾向があります。

初頭効果は、マーケティングや営業などの場面で活用されています。例えば、商品やサービスの広告では、最初に商品やサービスの魅力的な部分を訴求することで、消費者の印象に残りやすくします。また、営業では、最初に相手に対して好印象を与えることで、信頼関係を築きやすくします。

しかし、初頭効果は、誤った情報や偏った情報によって、間違った印象を与えてしまう可能性もあります。そのため、初頭効果を活用する際には、注意が必要です。

初頭効果を活用する際のポイントは、以下のとおりです。

  • 最初に与えられた情報は、短く簡潔に伝える
  • 最初に与えられた情報は、印象に残りやすいものにする
  • その後に与えられた情報は、最初に与えられた情報と矛盾しないものにする

これらのポイントを押さえて、初頭効果を効果的に活用しましょう。

参考URL:
初頭効果とは?アンカリング・親近効果・ハロー効果との違い、具体例と注意点を解説 | 株式会社Sprocket