5:25の法則とは、顧客離れを5%改善すれば、その利益率は25%改善されるという法則

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

5:25の法則とは、顧客離れを5%改善すれば、その利益率は25%改善されるという法則です。

顧客離れとは、一度獲得した顧客が、再び商品やサービスを購入しなくなることです。顧客離れ率とは、顧客離れの割合を表す指標です。

この法則が示すのは、顧客離れを改善することで、利益率を大きく向上させることができるということです。

なぜ、顧客離れを改善すると利益率が向上するのでしょうか。

その理由は、顧客を獲得するコストと、既存顧客を維持するコストの違いにあります。

顧客を獲得するには、広告宣伝費や営業コストなどのコストがかかります。一方、既存顧客を維持するには、顧客サービスやキャンペーンなどのコストがかかりますが、顧客を獲得するコストに比べると、はるかに低いコストで済みます。

つまり、顧客離れを改善することで、新規顧客の獲得にかかるコストを削減できるのです。

5:25の法則は、マーケティングの基本的な法則の一つとして、広く知られています。

この法則を理解することで、顧客維持の重要性と、顧客離れを改善するための施策の必要性を認識することができます。

顧客離れを改善するためには、以下のような施策が有効です。

  • 顧客満足度の向上
  • 顧客ロイヤルティの向上
  • 顧客の囲い込み

顧客満足度を向上させることで、顧客の再購入率を高めることができます。顧客ロイヤルティを向上させることで、顧客が他社に移行するリスクを低減することができます。顧客の囲い込みを行うことで、顧客が離反する前に、再購入を促すことができます。

これらの施策を実施することで、顧客離れを改善し、利益率の向上を目指しましょう。

参考URL:
販売促進は売上だけじゃない!5:25の法則を活用した利益率向上の仕掛けとは?

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5