場の空気とは、その場の様子や社会的雰囲気を表す日本語の慣用句

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

場の空気とは、その場の様子や社会的雰囲気を表す日本語の慣用句です。特にコミュニケーションの場において、対人関係や社会集団の状況における情緒的関係や力関係、利害関係など、言語では明示的に表現されていない(もしくは表現が忌避されている)関係性の諸要素を指します。

具体的な例としては:

  • 会議室に入ると、緊張感が漂う場の空気を感じた。
  • あの場の空気は重くて、誰も発言できなかった。
  • 彼が入ってくると、場の空気が明るくなる。
  • 彼女は場の空気をよく読むので、いつもみんなに好かれる。
  • この会社は、和を重んじる場の空気がある。

場の空気は、以下のような要素によって形成されます:

  • 参加者の属性: 年齢、性別、職業、役職、性格など
  • 参加者の関係性: 親しい友人、上司と部下、見知らぬ人など
  • 場の目的: 仕事、プライベート、勉強など
  • 場の状況: 楽しい、悲しい、緊張している、リラックスしているなど
  • 過去の経験: 過去の会議で嫌な思いをしたなど
  • 文化: 日本は場の空気を重視する文化

場の空気は、コミュニケーションや人間関係に大きな影響を与えます。場の空気をうまく読むことは、円滑なコミュニケーションや良好な人間関係を築くために重要です。

場の空気を読むために役立つヒント:

  • 参加者の表情や態度をよく観察する
  • 場の雰囲気に敏感になる
  • 自分の発言が場の空気に与える影響を考える
  • 場の空気に合わない発言は控える
  • 場の空気を変えるために積極的に行動する

場の空気は、ポジティブにもネガティブにも働く可能性があります。ポジティブな場の空気は、参加者全員にとって心地よいものです。一方、ネガティブな場の空気は、参加者全員にストレスを与えます。

場の空気は、意識的にコントロールすることができます。場の空気を読み場の空気をコントロールすることで、より良いコミュニケーションと人間関係を築くことができます。

参考URL:
場の空気 - Wikipedia