「わかるー」が口癖の人の心理

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

「わかるー」が口癖の人の心理は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

相手の気持ちに共感したい

「わかるー」は、相手の気持ちを理解した上で、共感していることを表す言葉です。そのため、この口癖の人は、相手の気持ちに共感したいという気持ちが強いと考えられます。

自分の意見をアピールしたい

「わかるー」は、相手の意見に同意していることを表す言葉でもあります。そのため、この口癖の人は、自分の意見をアピールしたいという気持ちが強いと考えられます。

会話を盛り上げたい

「わかるー」は、肯定的なニュアンスを持つ言葉です。そのため、この口癖の人は、会話を盛り上げたいという気持ちが強いと考えられます。

具体的には、以下のような心理が考えられます。

  • 相手が話していることに興味があり、理解しようとしている。
  • 相手が話していることに共感し、気持ちに寄り添いたいと思っている。
  • 相手が話していることに同意し、自分の意見を同じくしていることを伝えたいと思っている。
  • 会話を盛り上げ、楽しい雰囲気を作りたいと思っている。

もちろん、人によって心理は異なるため、一概には言えません。しかし、上記のような心理が考えられるため、相手が「わかるー」と言ったときには、その心理を理解した上で、会話を進めるとよいでしょう。

なお、「わかるー」は、ただ「わかります」と言うだけでは、相手はわかってもらえたとは受け取らないという意見もあります。共感とは、共に感じる力であり、相手の話を聞いたら、その場面を想像し、自分ならそのことをどう感じるか、想像することが大切です。そこから感じたものが口から洩れ出る。それが共感であるといわれています。

そのため、「わかるー」と言った後に、具体的な共感の言葉を添えると、相手に気持ちが伝わりやすくなります。例えば、以下のような言葉が考えられます。

  • 「わかるー、私もそう思う」
  • 「わかるー、私も同じ経験がある」
  • 「わかるー、それは大変だったね」

また、相手の気持ちに共感することで、会話がより深まります。相手の話をよく聞き、共感の言葉を添えて、会話を楽しんでみましょう。

参考URL:
なんでも「わかるー」と共感する人が敬遠される理由を説明する | もと意識高い系ログ

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5