回避と回避のコンフリクト

お勧め記事はこちら
みんなが知りたい!心理学用語ランキング

回避と回避のコンフリクトとは、どちらも避けたい、不快な選択肢しか残されていない状況で、どちらを選択するか迷ってしまう葛藤のことです。

例えば、

新しい上司とそりが合わず、職場に行きたくない。しかし、仕事を休んで評価が下がるのもイヤだ。
真夜中にお腹が減って、一つだけ保存食を見つけたが、あまり好きではない食べ物だった。近くにコンビニなどなければ、それを食べるか食べないか、迷ってしまう。
このような状況では、どちらを選んでも嫌な思いをすることになります。そのため、どちらの選択肢にも近づかず、中途半端な行動や、行動を起こさないといった形で葛藤を回避しようとします。

回避と回避のコンフリクトは、以下の3つの特徴があります。

どちらの選択肢も不快である。
どちらの選択肢にも近づかず、中途半端な行動や、行動を起こさないといった形で葛藤を回避しようとする。
ストレスや不安を引き起こす。
回避と回避のコンフリクトを解決するには、どちらの選択肢も不快であることを受け入れることが大切です。そして、どちらの選択肢を選択するかを、冷静に考えるようにしましょう。また、状況を改善するために、新しい選択肢を探してみるのも一つの方法です。

https://mm-a.jp/column/column_16/