根本的な帰属の誤り

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

根本的な帰属の誤りとは?

根本的な帰属の誤り(Fundamental Attribution Error)は、社会心理学の概念の一つです。この誤りは、他人の行動や振る舞いを説明する際に、内的な要因(個人の性格、意図、能力など)よりも外的な要因(状況、環境の影響など)を過小評価し、内的な要因を過大評価する傾向を指します。

具体的には、他人の行動が良い結果をもたらした場合、我々はその人の内的な要因(例: 才能、努力、資質など)を強調し、その成功をその人の特性に帰属させがちです。一方で、他人の行動が悪い結果をもたらした場合、我々は外的な要因(例: 状況、運、社会的圧力など)を強調し、その失敗を外的な要因に帰属させる傾向があります。

根本的な帰属の誤りは、他人の行動を説明する際に、内的要因に過大な重要性を与え、外的要因を無視することによって、認知的なバイアスが生じる現象です。この誤りは、我々が他人を評価し、行動を理解する際に影響を与えることがあります。

ただし、文化や環境によって帰属の傾向は異なる場合があります。個人主義的な文化では、内的な要因を強調する傾向がありますが、集団主義的な文化では外的な要因を重視する傾向があります。

根本的な帰属の誤りについて意識することで、他人の行動を客観的に評価することや、状況や環境の影響を考慮することが重要です。相手の行動を理解する際には、内的要因と外的要因の両方を総合的に考慮することが求められます。

https://mitsucari.com/blog/fundamental_attribution_error_examples/

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5