保有効果とは、自分が所有している物や、今いる環境を手放すことに強い抵抗を感じる心理効果

お勧め記事は下記3つ
みんなが知りたい!心理学用語ランキング 心理学用語をネタにしたYouTube動画まとめ 心理学を学ぶならこの本がおすすめ

保有効果とは、自分が所有している物や、今いる環境を手放すことに強い抵抗を感じる心理効果を指します。

具体的には、以下のような現象が保有効果の例として挙げられます。

  • 古くなってボロボロになった携帯ストラップでも、長年愛用してきたものであれば、手放したくないと思う。
  • 抽選で当たった宝くじでも、実際に手にすると、予想よりも高く感じる。
  • 新居に引っ越した後、前居を懐かしんでしまう。

保有効果が生まれる原因としては、以下のようなことが考えられます。

  • 損失回避性:損失を避けようとする心理傾向。保有効果では、所有している物を失うことで損失が生じると認識するため、手放したくないという心理が働く。
  • 現状維持バイアス:現在の状態を維持しようとする心理傾向。保有効果では、現在所有している物や環境を維持しようとする心理が働く。
  • 帰属誤り:自分の所有物や環境の価値を過大評価する心理傾向。保有効果では、自分の所有物や環境は他人よりも価値があると誤って認識する。

保有効果は、マーケティングや交渉など、さまざまな場面で活用されています。

例えば、マーケティングでは、顧客に商品やサービスを試してもらうことで、保有効果を促進し、購入意欲を高めることができます。また、交渉では、相手に自分の提案を受け入れてもらうために、保有効果を利用して、相手が手放したくないと思わせるようにすることができます。

保有効果は、人間の心理的な特徴であるため、意識的に理解しておくことで、合理的な意思決定や行動に役立てることができます。

参考URL:
保有効果 | 意思決定・信念に関する認知バイアス | 錯思コレクション100

以下はページナビゲーションです。 その他の心理学用語集はこちらからアクセスすることができます。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 

以下「効果」のタグのページ
効果1 効果2 効果3 4 5 6 7 8 9 10

以下「法則」のタグのページ
法則1 法則2 法則3 4 5 6 7

以下「現象」のタグのページ
現象1

以下「症候群」のタグのページ
症候群1 症候群2

以下「バイアス」のタグのページ
バイアス1 バイアス2 バイアス3

以下「心理」のタグのページ
心理1 心理2 心理3

以下「認知」のタグのページ
認知1

以下「理論」のタグのページ
理論1 理論2 理論3 4

以下「原理」のタグのページ
原理1 原理2

以下「恐怖症」のタグのページ
恐怖症1

以下「心理学者」のタグのページ
心理学者1 心理学者2 心理学者3

以下「実験」のタグのページ
実験1 実験2

以下「コンプレックス」のタグのページ
コンプレックス1 コンプレックス2

以下「人の心理」のタグのページ
人の心理1

以下「口癖」のタグのページ
口癖1 口癖2 口癖3 4 5