ランチェスターの法則

今月の注目記事
みんなが知りたい!心理学用語ランキング ちょっと 口癖 プルースト効果とは

ランチェスターの法則とは?

ランチェスターの法則(Lanchester's Law)は、戦闘や競争における軍事力や勢力の相互作用をモデル化するために使用される数学的なモデルです。これは、フレデリック・ランチェスター(Frederick W. Lanchester)によって開発されました。

ランチェスターの法則は、戦闘や競争における軍事力の相互作用を説明する数式を提供します。この法則は、二つの基本的なモデルがあります。

Lanchester's Linear Law(ランチェスターの線形法則):
ランチェスターの線形法則では、戦闘や競争において戦闘力(軍事力や勢力)の喪失率が相手勢力の規模に比例すると仮定します。つまり、相手勢力の単位規模あたりの喪失率が一定であるというものです。このモデルは、直線的な相関関係を示します。

Lanchester's Square Law(ランチェスターの二乗法則):
ランチェスターの二乗法則では、戦闘や競争において戦闘力の喪失率が相手勢力の規模の二乗に比例すると仮定します。つまり、相手勢力の単位規模あたりの喪失率が二乗に比例するというものです。このモデルは、より非対称性を示し、小規模勢力の影響が大きくなることを示唆します。

ランチェスターの法則は、戦闘戦略や競争戦略の分析において使用されます。これにより、軍事的な戦力バランスや市場競争における競合相手との勢力関係を評価することができます。ただし、実際の戦闘や競争は複雑な要素が絡み合うため、ランチェスターの法則は完全に現実を再現するものではありません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87